DETAILS
Label
Audio Fidelity
Year
1978
CatNo.
UXP-106-AF
Format
LP
Country
Japan
Condition
(Jkt/Vinyl)
EX / EX
補足事項
インサート付き
試聴曲
B-1→B-2→B-4
Point pt ¥3,300 税込
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

■Personnel
Scott Larafo (b)
Pat Moran (p)
Johnny Whited (ds)

Bill Evansの片腕的存在だった名ジャズベーシストScott Lafaroが参加したPat Moran Trioの58年発表アルバム。
こちらはScott Lafaro名義に変更され78年にリリースされた日本盤。

ラテンのリズムを用いたエキサイティングな演奏が印象的なB1「Blackeyed Peas」、一糸乱れぬコンビネーションに惹き込まれる「I Could Have Danced All Night」、オリジナルのブルースナンバーB4「Blues」、Scottのベースが大々的にフューチャーされたA3「Onilisor」、推進力のあるウォーキングベースと軽快なピアノが絡むA4「Come Rain or Come Shine」など、聴きどころ満載のピアノトリオ好盤。

関連カテゴリ JAZZ   NEW ARRIVALS  
TRACKLIST
  • SIDE-A
  • 1.Making Whoopee
  • 2.In Your Own Sweet Way
  • 3.Onilisor
  • 4.Come Rain or Come Shine
  • SIDE-B
  • 1.Blackeyed Peas
  • 2.I Could Have Danced All Night
  • 3.Yesterdays
  • 4.Blues
PAGE TOP